JARINKOの生い立ち②

衝撃を受けたその一年後。 すっかりLAに魅了された私はまた一人LAに旅立ちました。

旅も2回目でやや慣れてきた頃、周りを見渡すとあのおばあちゃん以外にも、 年齢問わず体つきも様々な人々がピッチピチの派手派手のファッションをしている じゃないか!?(勿論シンプルな服装の人もいます)
そう、JARINKOのコンセプトにあるように 肌の色も国籍も、年齢も体つきも混ざり合う場所で、 一人一人が自分のスタイルを自由に着こなしているんです。
それがまた自信を持っているように見えて格好いいのです 私は決してナイスバディじゃない
身長153㎝とちびっこだし、豊満な胸もない、全体的に細くはないし。
コンプレックスはいくらでもある。

だけど自信を持って自分の好きな洋服を着て、自信を持って身体のラインを出していくことって凄くかっこいいし、そういうのをおばあちゃんになっても大事にしていきたいと思った
ただ、そお思った時に、自分達に合うサイズの洋服が中々ないよねえ っとANNAとFarmers Marketでお茶している時でした。ANNAが一言「それなら自分達で作れば良くない」

 確かに~~~~

つづく。

MINAMI