出逢いが出逢いを呼ぶ love herb

MINAMIです。

LAに行く時は必ず一人なのですが、よく皆に”一人で怖くないの?”とか、”一人で良く行けるね”と言われます。
初めてLAに訪れたのは5年前。
その時はただAnnaに会いたくて、パスポートを握りしめたから、勿論知り合いはAnnaだけでした。
それからというもの、年に一度のペースで、最近だと半年に一度のペースで行く。
その度に沢山の出逢いがあるから、一人で行く事に疑問を感じた事すらなかった( °o°)

何より出逢ってきた人たち皆がとても良い人ばかり!

写真は記念すべき"LAでできた最初のお友達!!"
それは80歳のおじいちゃん。

彼の名はHerb、ハービー。
Annaが最初に住んでいた家の同じ階の住人。
再会してすぐに”私の友達を紹介する!”と言われて連れて行かれたその部屋はまるで美術館。

そしてまさか友達が80歳のおじいちゃん!?と、驚いたのを覚えている。
だけど驚いたのは最初だけで、彼はとても優しくて、沢山の面白い話を聞かせてくれて、
色んな所に連れて行ってくれて(80歳といえど素晴らしい運転で)すっかり友達。
Annaがその頃はまだ学校に通っていたので、彼女がいない時間はハービーの部屋へ遊びに行ってお茶を飲んで、話して、映画を見たりという生活。

帰国した後も一週間経たないうちに彼から届いたのがこれ。

世界地図と葉書。

そしてこの世界地図を良く見ると赤いラインが一本。

847196_orig.jpg

そう、日本とロサンゼルスはこんなに近いんだよ。
だからまた戻っておいで。の赤いライン。

鳥肌が立つほど感動したのを今でも覚えています。

その後、お礼の手紙を送って、またしばらくすると葉書が届いてというやり取りが続き、

それからまた翌年も彼を訪ねて、沢山の話をして色んな所に行きました。

そんな彼は3年前に他界してしまった。
だけど、彼が天国に旅立った今でも、彼は私の大切な友人として心の中にいます。

異国の地でこんなに大切な友人に出逢えた事は奇跡。
だからこそ,出逢った全ての人たちとの繋がりをいつも大事にしていきたいと思って、
その想いが原動力になって、
そのパワーが沢山の素晴らしい[未来のともだち」を連れてきてくれるんだなって思いました。
思うっていうか、私はそう信じているし、そういう風に人生を楽しんでいます!!

次回もまた異国の地での出逢いについて書きたいと思います♩

I love you Herb .